PRODUCT

天地丸

桐箪笥の中でも最高の技術を結集した造りの胴丸型。
20mmの桐の無垢板を使用した桐箪笥で、大きな特徴は箪笥の四方(四つの角)を丸める加工です。このことから天と地を丸めるので天地丸または四方丸と呼ばれています。また、天地丸はその佇まいから「四方全て丸くおさまる」と言われ縁起の良い箪笥と言われています。また天地丸の最上級モデルには胴厚天地丸というモデルがあり天板、地板、胴板が全て40mmの厚みで、外側の面取り加工が銀杏面という縁起のよい面取り加工を施しています。

TYPE

胴厚天地丸

天地丸の上級モデルで本体を40mmの厚みのある箪笥です。本体が三つに分かれます。三つ重ねの特徴として天地丸基本形に合わせて一番上の本体の一番下2分面という優しい丸みを帯びた装飾です。また、二つ重ねに比べて箪笥の台の高さが12mmほど高くなっています。中戸は着物のお盆五杯+帯専用のお盆四杯と小抽斗が三杯付いています。

OTHER