商品紹介
商品紹介


胴丸 曲線の美

胴丸型は桐箪笥の中で最高の技術を結集した造りになっており、特徴として本体の胴板(横の板)桐箪笥の基本の20mmよりも2倍以上の厚さの55mmの胴板に加工し更にその胴板の全面を美しい曲面になるように特殊鉋で削っていきます。また胴丸のもう一つの特徴は、天板と地板(本体の上の板、下の板)につけています鉢巻と呼ばれる。

曲げ木の加工です。この胴丸の技術の見せ場ともいわれる加工を弊社ではお湯を使った伝統的な技法で曲げ木加工を行っております。また抽斗、扉に鍵座が付き鍵がかけれます。(並びの抽斗については隠し鍵が付きます)鍵座はお客様御指定の家紋を彫らせて頂いております。また標準で隠し金庫が付きます。

また最上級モデルには長さ2m以上のまっすぐな桐材の柾だけを使用した胴丸総柾仕上げも製造させて頂いております。

胴丸二つ重ね

本体が二つに分かれます。

胴丸型の基本形になっております。上から引き戸、中戸、抽斗の造りになっております。

引き戸の中には取り外し可能な棚板と並び二杯の小抽斗があります。

中戸の中には着物用のお盆が五杯入っております。

抽斗については並び三杯の下に大きい抽斗が2杯あります。(オーダーでお盆の数や抽斗の変更等承ります。)

胴丸二つ重ね

胴丸三つ重ね帯盆入り

本体が三つに分かれます。胴丸型の上級モデルです。

三つ重ねの特徴としては胴丸基本型に合わせて一番上の本体(上箱)の一番下に2分面という優しい丸みを帯びた装飾をしております。

また2つ重ねに比べて箪笥の台の高さが12mmほど高くなっております。

二つ重ねとの大きな違いは中戸の中にあります。二つ重ねは着物のお盆が五杯に対して三つ重ねは着物のお盆五杯+帯専用のお盆四杯と小抽斗が3杯付いております。

胴丸三つ重ね帯盆入り